一日の仕事の流れ

07:30会社に集合「おはうようございます!」

現場に行くには、一旦会社に集合してから車で向かいます。現場は8時から作業開始のところがほとんどなので、それにあわせて会社を出発します。現場についたらすぐテキパキと作業が開始できるように、道具や資材の確認をすることも重要です。

10:00午前休憩で一息入れて集中力を保ちます

10時と15時にはそれぞれ30分の休憩があります。電気工事の作業は、危険を伴うこともあります。集中力が切れると事故の元なので、一旦休憩し、リラックスします。ボーッとしたり、スマホをみたり、おしゃべりしたり、休み方は人様々です。また作業に集中できるようにしっかり休憩して下さい。

12:00お昼ごはんは何を食べようか。

現場によって、ランチの環境は様々です。住宅地だと食べるところが近くにないので、お弁当を持参するか、車で食堂に向かうか、日によって様々です。現場近くに美味しい食堂があるとお昼休憩がとても待ち遠しく感じます。先輩や同僚とごはんを食べながらコミュニケーションをとって、午後の作業開始に備えます。時間に余裕があれば、お昼寝したり、スマホをみたり、自由に時間を過ごして下さい。

17:00本日の作業終了、お疲れ様でした

現場は基本的に17時に作業終了です。17時に終了して現場を後にできるように、17時前にその日の作業終了に向けて片付けをします。スケジュールより早くその日予定している仕事が終わった日は、早く帰るときもあります。次の日の作業がスムーズに開始できるように、整理整頓に気を遣って現場を後にします。お疲れ様でした!