キャリアアップ

加瀬電気の仕事

加瀬電気は、木造住宅・アパート・店舗などの新築・リフォーム工事で電気工事全般について、設計と施工をしています。電気工事は、電気、電気回路に関する知識と電線相互や電気機器への接続、配線器具・配電盤の取り付け取り外し技術が必要な仕事です。
未経験から、順に知識と技術を身につけていき、最終的には電気工事の設計、施工、監理ができるように、ステップアップして下さい。

ステップアップ例

STEP 01入社:見習工として知識と技術の習得

未経験で入社した場合は、まず先輩職人について、仕事の初歩から学んでいきます。
使用する道具の扱い方、簡単な作業から順に覚えていき、先輩の細かい指示がなくても動けるようになってください。
同時に、電気工事は電気工事士にしか従事できない作業があるので、まず第二種電気工事士の取得を目指していただきます。

STEP 02電気工事職人:現場を担う職人として経験を積む

一通りの仕事のやり方を身につけ、第二種電気工事士の資格を取得したら、現場での施工経験を積んで下さい。先輩職人の作業効率のよい方法を学ぶことも必要です。未経験の後輩が入社してきたら、自分が習得したことを教えてあげて下さい。
現場では設計通りに施工できず、設計を変更する場合もあります。臨機応変に対応し、お客様が満足する施工ができるように心がけるのも重要です。

STEP 03現場管理:現場を任せられる管理者になる

現場の仕事では、施主様から新たに要望をいただいたり、ハウスメーカー様と打合せしたりする機会もあります。あらかじめ決められた作業スケジュールを守りながらも、様々な要望に可能な限り対応していく必要があります。一方で、加瀬電気として他の職人とコミュニケーションをとりながら、潤滑に作業を遂行していくことも求められます。
一つの現場の電気工事を任せられる管理者を目指して、技術と共に管理能力の向上を図って下さい。

STEP 04管理職:営業や売上管理、社内教育を担う

加瀬電気では、長年の誠実な電気工事の施工で地元の皆様からの信頼を得てきました。その結果、長年のお付き合いや紹介でお仕事をいただくことが多いです。管理職になれば、今までのお客様とさらに信頼関係を築き、一方で積極的にご新規のお客様を開拓してほしいと考えています。また、現場毎の売上を管理して見積り通りにスケジュールがこなせるように目を配り、並行して系統立てて社員教育を実施していくことも必要です。管理職になるまでには、長年の経験が必要ではありますが、幹部社員を目指して頑張って下さい。